不良中年オヤジのアスリート日記

亀より遅いが、うさぎに負けない体を作ろう!!

<< August 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

さくら、さくら、さくら

さくらが満開の中、練習。

土曜日は、ちょっと寒かったが、日曜日は、暖かく気持ちが良かった。

小山内裏公園近くの桜風景

あと、2,3日かなという感じ。道の両サイドにきれいに咲いていました。

PA0_0029.JPG

多摩川の桜風景

まさに、満開。桜の下は、宴会組でいっぱい。

PA0_0031.JPG

自宅近くの桜風景

こちらも、見事な満開。

駅の近くでは、桜祭りが開催されていました。

PA0_0036.JPG

PA0_0039.JPG

それと、先週雨の中走ったせいか、シューズ(WAVE-ELIXIR)の形が

若干変わってしまった。

少し、縮んだようで足の土踏まずがあたって、

走っていると、水ぶくれになってしまった。

今、スピード重視のアディゼロ(adidas)と長距離用のWAVE-ELIXIR(ミズノ)

を愛用しているが、次回の長距離レースに使用するつもりのWAVE-ELIXIRを

やってしまった。新しシューズを買う羽目になりそうだ。

次回の長距離を考えて、疲れないシューズがいいが、

20km〜30km程度走って見ないと、シューズの良し悪しが

わからない。レース前にシューズを変えるのは、とても不安。

足に合わなければ、最悪の事態に陥る可能性がある。

迷う、迷う、迷う。

初の100km、不安、不安、不安。

どうする、オレ。
練習 | comments (1425) | trackbacks (0)

多摩ロードレース

今日は、朝から土砂降りの雨、雨、雨、雨、雨・・・・・

去年は、雨のレースは無く、「晴れ男」だったが今年は、「雨男」に変身か。

気温は、11℃+雨がかなり体にこたえる。

みなさん、レース開始5分前まで、パドックで雨宿り。

DSC04723.JPG

9時10分、予定通りスタートしました。

雨のレースは、走っていても面白くないので

淡々とレースをこなす。

昨日も練習で走ったコースなので、もういいやって感じ。

みなさんも、タイムをねらうどころでなく早く終われって感じで走ってます。

でもエントリーは、雨にもかかわらず、約600人以上あったそうです。

走るバカは、なにを考えているのか全くわかりません。

コースは、ところどころ、アップダウンを含んだコースで

それほど、きつい感じはしない。

手先が、異常に冷たい。

雨対策は、何にもしていないので、

体は、ビショ、ビショ。靴の中は、グショ、グショの状態。

何とも、気持ち悪い。

水分を含んで、シャツも靴も重い。

道路も水たまりがかなり出来ている

注意しないと、水中歩行をしてしまいそう。

なんか、調子がでず、1km5分の遅遅ペースとなってしまった。

心拍計が調子が悪く、心拍数がわからない。

適当に、流した走りとなってしまった。

ピッチ走法とスライド走法とフラット走法を

走る場所によって変化させて走る。

平地と登りは、ピッチ走法とフラット走法を混ぜて走る。

下りは、スピードの出るスライド走法で走る。

が、タイムには余り影響しないようだ。

気温が低いため、足に問題ない。

呼吸もついてきている。

ただし、スピードがイマイチでない。

雨のせいにしておこう。

51分45秒で無事ゴールして、そそくさと帰る。

次回は、いよいよ「チャレンジ富士5湖レース」に挑戦。

初めての100kmレース。


スピードは出ないが、ロングなら完走出来るかも。

と期待しつつ、明日からまた、練習の日々。

今回の参加賞の「Tシャツ」です。

ピンクの文字がカワイイっす。

DSC04739.JPG
レース | comments (1613) | trackbacks (0)

湘南バイシクル・フェス '07

今日は、朝の練習をこなしてから、

平塚競輪場で行われる「湘南バイシクル・フェス '07」に行って来ました。

普段乗れない、高価ばバイクを

普段は走ることができない競輪場のコースで試乗することが出来ます。

会場へ行ってみると、そんなに混んでいなく

次から次へと試乗ができます。

早速、クラインの「Q-EliteV」を試乗する。

コンポは、シマノ105を装備、中級クラスのカーボン製のバイク。

なんか、普通に走る。ズブの素人なので、何がいいのかさっぱりわからず。

初めて使う、インデックス付きのシフトレバーは、カッチと決まって

すこぶる、便利。でもあっと言うまに試乗終了。

PA0_0002.JPG

コースまでは、歩いて移動。試乗は一回につき一周出来るのだが

あっという間で、驚くやら、びっくりしているうちに

終わってしまった。一周じゃ物足りない。

つぎは、TREKのアルミモデル「1500」

中級クラスのバイク。コンポは、Shimano Ultegra。

カーボンとの違いは全然わからず。

全体的な、バランスがいいので大変良く走ります。

PA0_0004.JPG

次は、すごいよ。

インターマックスの「X-LIGTH」

超軽い、フルカーボン製の50万円を超えるバイク。

持った感じも、どのバイクより断然軽い。

走った感じも、剛性感が高く、こいだ分だけスーと間に出る感じは

さすが、カーボンの特徴なのかと感心してしまう。

そして、バイクを借りるとき、横には「今中大介」選手が・・・

PA0_0006.JPG

次は、スコットの「CR1 SL」

このバイクもフルカーボン製の50万円超えバイク。

コンポもShimano Dura-Ace

もう何もいうことはありません。

ただただ、バイクに感心、感心。

とにかく、楽々です。

バイクが軽いことと、フレームの剛性感が高いと

ほんと、楽です。軽いんです。

PA0_0007.JPG

次は、cervéloの「R3 Team」

当然、フルカーボン製で、フレームセットだけで、40万円もするバイク

ツールド・フランスでもその実力は折り紙つき。

もう、開いた口がふさがらず。

このまま何処までも走って行けます。

PA0_0008.JPG

次のバイクは、町中で絶対に見ることが出来ないバイク。

アルミのモノコックボディで、リアのアームがなく

とても、派手なバイク。

飛行機の翼をヒントに、1.2mmのアルミ板を加工して

中は、中空構造。なんと、アメリカ人に日本語で説明してもらった。

いざ、走りだしてみると、なんか後輪のバランスが悪い。

調整が必要のようです。が、とてもカッコイイ。

PA0_0010.JPG

次は、レーシングモデル。

CEEPOの「TT-KILLER」

フルカーボン、リアディスクのスーパーカモデルです。

値段は不明ですが、たぶん100万以上かもしれません。

走り出して、すぐに感じる後輪のものすごい剛性感。

踏めば、踏んだだけ、きっちり進む感じは、

まさに、スーパーカですね。

風さえ無ければ、普段の足に使えそう。

ものすごく、楽ですが、ものすごく目立ちすぎ。

PA0_0011.JPG

次は、MBKの「RD1000」

フロントフォーク・リアフォークの形状が面白い。

デザイン的なものか、実際に効果があるのか私には

わからなかった。

プロトライアスロンチームも採用しているバイクで

乗った感じは、普通に良く走る。

バランスが良い感じがした。

フレームセットで、37万円ほどするので

完成車は、60万を超えるのではないかと思う。

時代は、まさにカーボンですね。

それにしても、黄色いバイクはカッコいいですね。

私は、デザイン的に一番気に入ってしまいました。

PA0_0014.JPG

次は、日本製のコガミヤタのレーシングモデル。

気分は、まさにロードレーサ感覚。

良いです、良いんです。何も言うことありません。

PA0_0017.JPG

最後は、TREKの最高級バイク「Madone SSL9.6」

TREK社の完成車で一番高いバイク。90万円なり。

値段は高いが、外見は結構地味。

ランス・アームストロング御用達のOCLVカーボンを使っているらしい。

猫に小判。違いなんて、全然わからない。

でも、とてもものすごいバイクらしい。

とにかく、踏めば走ります。

単純なコメントだが、奥が深いよ。

PA0_0019.JPG

その他、マウンテンバイク、小形ホイールのバイクなど

色々乗った。ただただ楽しみました。

こんなイベントは是非ともまたやってもらいたい。
イベント | comments (2291) | trackbacks (8)

春です

今日は、多摩川まで走りに行きました。

多摩川は、ものすごい人、人、人・・・。

天気もよく、気温も暖かい。

マラソンのレースやら、

歩きの達人達の団体さん、自転車野郎たち、

土手では、バーベキュー。

一般ピープル達が、どこからともなく

湧いている。

この時期は、すごいですね。

でも、今日はとても気持ちいい!!

私は花粉症でないので、めいっぱい

春の空気を吸い込み、あっ〜空気がうまい!

PA0_0001.JPG

今年は、桜も早いかもしれません。

家の近くの桜は、すでにこんなになってます。

PA0_0000.JPG
練習 | comments (1078) | trackbacks (0)

イラストレータ

イラストレータの小河原 政男の個展に行ってきた。

彼は、毎年「ツールドフランス」に出かけて

自転車に、テントとシェラフを積んで、選手と一緒にコースを回り

選手のイラストを書きつつ、応援しているイラストレータです。

雑誌「サイクルスポーツ」のイラストもやっているので

名前は知らなくても、彼のイラストを見ればわかるよ、きっと。

彼のサイトはここからどうぞ。作品や写真も多数見ることができます。

★モンベル★-南町田駅前のグランベリーモール店のサロンにて

『ツール・ド・フランスの風景画』展に行って作品を見ました。

水彩画で描いた作品が多くどれも、色使いが鮮やかで、

何時間でも見ていることができます。

それと、フランスの風景を描いたもの多く

フランスの家の壁とか、空の色とか、地面、道の色など

何故か、これも水彩画の特徴なのか写真で見るより、

よりリアルに見えます。

選手のイラストには、それぞれ物語りがありますね。

つらい場面や、うれしい場面、頑張っている場面など

これは、写真ではでないんですね。

いつかは、ツールドフランスへ行ってみたいと思いました。

彼の作品を、欲しけど、値段が高そう・・・・
イラスト | comments (1587) | trackbacks (0)

ちょっと、鎌倉へ

今日は、風が強く、寒い!!

こんな中、鎌倉まで行ってみた。

電車で藤沢まで行って、久々に江ノ電に乗る。

なんか、すご〜くいい感じ。

鵠沼、由比ヶ浜の海を見ながら、のんびりと電車に乗っていると

ストレスが、一気に解消。

民家の間を抜けていく感じは、花屋敷のジェットコースターに似ている。

PA0_0063.JPG

PA0_0064.JPG

鎌倉に着いて、小町通りを歩いて見る。

なんか、いいっすね。

凝った、お店がいっぱい。

今、はやりの人力車が多い。

PA0_0072.JPG

サツマイモで出来た、コロッケを発見!

早速、ぱくつく。うまい!!

PA0_0071.JPG

鶴岡八幡宮へ、今年初めてのお参り。初詣を行う。

PA0_0077.JPG

お賽銭を、10円入れて、3つのお願いをした。

我ながら、図々しいのもほどがある。

ここで、今年の運勢を

PA0_0081.JPG

やった!。大吉です。

今年は、ついてます。やるぞ〜!!。

「何を」・・・と自分でつっこむ。

ぶら、ぶら、鎌倉見物もここまで。

やはり、走って帰るか。

ここからだと約50kmほど。

何時間かかるんだ。

鎌倉から藤沢を経て、町田コースを選んだ。

走り出すと、今日はなんて、風が強いんだ。

しかも、寒い。

走っても、走っても、暖かくならない。

最初の10km位は、調子がいいねー。

順調、順調。

20kmをすぎると、右のひざの脇に力が入らない。

やはり、この辺が厳しい。

だまし、だまし、走り続ける。

藤沢から町田までの道が、長かったなぁ。

なんと、4時間くらいもかかってしまった。

それと、右ひざの影響で、ペースががくんと落ちる。

長距離は、途中で何が起きるかわからないが

右ひざは、困ったものだ。

軽い、びっこを引きながらの走りとなった。

そんな、こんなで、約6時間走り続けて、無事に家に到着。

鎌倉から自宅まで、よく走ったなと思いつつ、

ウルトラ・マラソンが頭をよぎる。

出てみるか。・・・続く。
練習 | comments (2558) | trackbacks (0)

レディ・イン・ザ・ウォーター

また、私の好きな「M.ナイト・シャマラン」監督作品です。

今回は、「水の精」がテーマ。

プールの管理人が、プールで泳いでいる、怪しげな女性を発見。

ストーリーという、水の精であることを知る。

アパートの住人から聞いた、「おとぎ話」が現実であることに気づく。

アパートの住人と力を合わせて、ストーリーを水の世界に返す物語。

M.ナイト・シャマラン監督自身も、重要な役柄で出演してます。

こんな不思議な脚本を書けるのは、彼しかいないだろう。

M.ナイト・シャマラン・ワールドへようこそ!!

まさしく、彼自身のインナーワールドが描かれている。

描きたいのは、誰にでも重要な役割があり

きっかけさえあれば、誰でも変われる、

最後は、ちょっぴり勇気が出ます。

レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/01/26)
売り上げランキング: 5584
おすすめ度の平均: 3.0
2 モヤっとする
4 M・ナイト・シャマランが書いた我が子のための御伽噺
4 その後の世界がどうなったのか?
DVD | comments (1211) | trackbacks (0)

furani

今週のFM浦安の「E-museum」のゲストは、「furani」さん。

一曲目の「ごめんね」が結構お気に入り。

繰り返し、何度も聞いてしまった。

[furani]さんは、ピアニストだがボーカルもこなす何でも屋さん

今週の放送は、こちらから



また、彼女のオフィシャルサイトはこちらから

音楽 | comments (704) | trackbacks (0)

BAD DAY -- Daniel Powter

第49回グラミー賞は、ディクシー・チックスでしたね。

私は、ジェイムス・ブラントの「ユア・ビューティフル」が入賞すると

思っていただけに、とても残念。

ところで、少々古いが、最近気に入って聴いている曲を紹介。

ダニエル・パウターの「バッド・ディ」

メロディがとても気に入っているが

歌詞もなかなかステキ。

日本で言うと「世界に一つだけの花」って感じかな。

かなり異訳ですが、こんな感じです。

そんなに頑張らなくても、君は君。

自分を信じて生きていこうよ。

君は、ただ、ついていないだけなんだよ。

ここから↓↓↓試聴が出来るよ。

Bad Day (Music Video)



まさに名曲ですね。

この曲を聴いていると、一日の疲れがとれる良い曲だ。

Bad Day
Bad Day
posted with amazlet on 07.02.12
Daniel Powter
Warner


「BAD DAY」の歌詞です。

Where is the moment we needed the most You kick up the leaves and the magic is lost They tell me your blue skies fade to gray They tell me your passion's gone away And I don't need no carryin' on
You stand in the line just to hit a new low
You're faking a smile with the coffee you go
You tell me your life's been way off line
You're falling to pieces every time
And I don't need no carryin' on

Because you had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down and you really don't mind
You had a bad day
You had a bad day

Will you need a blue sky holiday?
The point is they laugh at what you say
And I don't need no carryin' on

You had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down and you really don't mind
You had a bad day

(Oooh.. a holiday..)

Sometimes the system goes on the bling
And the whole thing turns out wrong
You might not make it back and you know
That you could be well oh that strong
And I'm not wrong

(yeah...)

So where is the passion when you need it the most
Oh you and I
You kick up the leaves and the magic is lost

Cause you had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
You've seen what you like
And how does it feel for one more time
You had a bad day
You had a bad day
音楽 | comments (1123) | trackbacks (0)

ピッチ走法

今日は、朝方は寒かったが、その後徐々に気温があがり

春の気分。とても走るのに気分がいい日です。

そんな訳で、今日は、次回のレースに向けて少々走りこんだ。

疲労の少ない走り方「ピッチ走法」を練習した。

私は、典型的なスライド走法なのでレースの後はとても

足が疲れる走りである。

フルマラソンなんぞ走った後は、筋肉痛の嵐。

そこで、ピッチ走法。

レース中は、女性とか中高年によく見かけるが

とてもまね出来ない。

歩幅は短いが回転は速いだよな。しかも早いんだこれが。

私は、太ももとふくらはぎの筋肉を最大限に使って走るので

レース中盤から足がついて来なくなる。

足がついて来るようになると、もう少しペースが上がると思うんだが。

たぶんピッチ走法が出来ると、かなり中盤以降の走りが楽になると思う。

ピッチ走法に関しての情報は、歩幅を狭く程度しかわからない。

実際に、歩幅を狭くして走ってみると、スライド走法の歩幅短い版となり

なんかスピードがでない。

これで、スライド走法並みのスピードを出すためには

足の回転を早くしないとだめだが、中々回転が速くならない。

足の落とす位置を出来る限り真下に落とすイメージで走ると

良いらしい。前傾は少なく、目線は3メートルくらい先を見る程度がベスト。

でも、すぐにスライド走法気味になってしまい、マズイ・マズイ。

ピッチ走法は、心拍数も10%位低めで呼吸はかなり楽。

140〜150位を目安に走り込む。

登り坂、下り坂もほぼ同じペースで走れるようにトレーニング。

ピッチ走法は、登り坂でも足の筋肉への負担がかなり少ないようだ。

久々に多摩川へ行ってみた。

多摩川のサイクリングコースは、自転車野郎・マラソン野郎でいっぱい。

それに、暖かいしね。

ピッチ走法で走っていると、後ろから結構ぶち抜かれる。

まだまだ、おそおそですね。でも我慢・我慢。

関戸橋を渡って、多摩市役所の前を通り、そのまま堀之内の駅前を

曲がって、気がつくと3時間以上、30kmも走っていた。

先週の青梅マラソンの疲れは、どっか行ったようだ。

今日は、とても気分良く走れた。

明日は、何処へ行こう?
練習 | comments (787) | trackbacks (0)

くりらじポッドキャスト FMうらやす

サイクリングタイム



CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER