不良中年オヤジのアスリート日記

亀より遅いが、うさぎに負けない体を作ろう!!

<< January 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

富里スイカマラソン、第1弾!!

今日は、朝から曇り模様。

走るのにちょうどいい。

今週から、3連チャンの第1弾。

距離は、約10km。

参加者は、なんと1万5000人。

スイカ目当てに、集まる、集まる。

食いしん坊バンザイ!!

DSC05402.JPG

スイカ星人も登場!!

DSC05403.JPG

目玉オヤジも登場!!

DSC05408.JPG

今回のレースの目玉は、なんと言っても、スイカの食べ放題!!

DSC05417.JPG

レースは、・・・?

ほとんど、記憶にない。

約10kmなので、みんな早い、早い。

と言うより、早くスイカに、ありつきたい模様。

心拍数も180オーバー、こりゃ参った。

私も、50分程度で完走。

エイドステーションにも、スイカだらけ。

ゴール後のスイカもまた、美味しい。

お腹いっぱい食って満足、満足。

今年のスイカは、甘いよ!!

DSC05432.JPG

さらに、帰りにも、スイカを2玉買って

ごちそう様でした。

来週は、43kmの12時間耐久、山岳トレイルランが待ている。

再来週は、北軽井沢で20kmのハーフレース。

3週間連続のレースに持ちこたえることが出来るか?

そんなの知るか〜!!
レース | comments (1137) | -

トライアル世界選手権

2007年6月3日。

毎年来ている、トライアルの世界選手権、ツインリンクもてぎの会場に

来ています。

朝8時、天候はいい。今日は、トップ選手は、クリーンの連続になるかも。

世界ランキング2位のフジガスこと藤波貴久は何処までいくのか楽しみ。

ランキング1位のアダム・ラガ、トニー・ボウはどうよ。

15セクションを2ラップ、持ち時間7時間程度で回ってくる。

ツインリンクもてぎのコースは、トリッキーで、ダイナミックなセクションが多いので

楽しみだが、移動が大変。

今年は、三脚と折りたたみ自転車を使って、選手と一緒に移動する。

最初に向かったのが、メインスタンド。

すでに、第1セクション、第15セクションの巨大なオブジェができあがっている。

DSC05192.JPG

第1セクションは、1メートルほどの、直角のステアケースを上がり、

水たまりを通り、最後は、3メータほどの巨大な壁越え。

迫力はありそう。でもグリップもいいので

トップ選手は、ほとんどがクリーンのはず。

人工セクションは、余り好きでないので、パドックにちょっと寄って

第2セクションへ向かう。

DSC05189.JPG

スタートを下って、1メータほどのステアを上って、後は山の30度くらいの斜面でターンして

ひたすら上るコース。

DSC05200.JPG

グリップがいいので、ひたすら我慢のコース。

トライアルの基本中の基本のコースです。

細かい、技がみれて面白い。

うまい選手は、マシンを的確にコントロールしてクリアしていく。



第3セクションも、第2セクションと同じようなコース。

奥の方がよく見えなかったが、うまくマシンをグリップさせないと

簡単に足が出てしまう。

足が出ると、加重が抜けるのでグリップが無くなり

苦戦する選手が出てくる。

ギアを3速に入れて、コースインする選手が多いので

奥のコースはかなりグリップが悪そうな感じがする。

DSC05205.JPG

第4セクションは、斜面のセクションに人工セクションをたしたようなコース。

斜面にコンクリート、鉄の3角版の4段ステアの連続。

始め見たとき、誰がクリーンするねん。

と思ってしまった。

DSC05212.JPG

頭の中でどうシミュレーションしても無理。

トップ選手は、ものすごい集中力とバランス感覚で

クリーンする選手も出てきた。すごいの一言。

4段目の金属のステアで、バランスをとり

絶妙な、グリップで上がっていく感覚はとってもトライアル的。



第5セクションは、斜面の登り、登り、登り。

マシンをうまくグリップさせることができる選手が有利。

DSC05208.JPG

第6セクションは、入ってすぐに、下りぎみで岩越え。

すぐにターンして、斜面にある岩を越える。

DSC05215.JPG

岩を越えるためのラインが重要。手前の細かい石に

ラインが乱れると登れない。すぐに2個目の岩を越えなければ

いけないので、タイミングが重要。

上位の選手でも、タイミングによっては、足がすぐに出てしまう。

中々玄人好みのコース。



第7セクションは、斜面でターンをして

すぐに、斜面のステア越え。それも3個。

3個目は1mほどの直角ステア、助走なし。

どうやって上がるんですか?。

DSC05222.JPG

さらに、最後にも、だめ押しの斜面ステア越えがある。

細かなセクションであるが、みてて面白い。



第8セクションは、最後の2mほどある丸太のステアが

ものすごい。こんなのの人間では、上がれるはずがない。

というほどの高さがある。しかも斜面にあるので

失敗すると、確実にマシンが降ってくる。

危険度、100%のコース。

DSC05228.JPG

手前のきっかけがない、丸太越えは、

テクニックがないと、絶対に越えられない。

後輪をしっかり、丸太にぶつけないと

絶対に上がれない。ラインは2種類あるとふんだ。

正当に、正面から行くラインとちょっと斜めから攻めるライン。

見ていて、とてもダイナミック。

最後の、ものすごい丸太のステアを越えると

みんな拍手、拍手です。







空に向かってジャンプ!!

DSC05242.JPG

第9セクションは、最後の巨大な滝のステアがみもの。

全く、きっかけも無く、助走もないので

エンジンパワーを全開にして、体を全部使い、絶妙なタイミングが

ないと、上がれない。やばくないが、クリーンが難しいコース。

ボウの華麗なるクリーン。

DSC05248.JPG

第10セクションは、3m以上もある岩盤のコース。

岩盤なので、グリップがいいので、正確なライン取りと勢いが必要。

一歩間違えると、マシンに人間にかなりダメージがありそうな

危険なコース。でも、上位の選手はほとんどがクリア。さすが。

でも、びびり足がどうしても出てしまいますね。

DSC05245.JPG

第11セクションは、最初登りのステアがすごい。

約5mほどを一気に駆け上がる。頂上付近は、オーバーハング気味の

巨大なステア。失敗するか、しないか2つに一つのコース。

もう、声もでません。

ものすごい、迫力です。とれぞ、トライアルです。

選手の皆さん、ご苦労さまです。

怖いよう〜!!

DSC05258.JPG

こっこ登るんすか!!

DSC05257.JPG

失敗すると、落ちます。やば〜い!!

DSC05265.JPG

第12セクションは、第11セクションのさらに上にあるコース。

立つのもやっとのコース。カメラマンも、崖から転げ落ちていく〜。

コースです。岩盤のステアは、命がけ。失敗すると確実にやばいです。

救急車も待機で、緊張感が最高。

見る方も、岩盤の斜面にしがみついての

大変な状態で観戦。

かんばれ!!。世界のフジガス!!

DSC05250.JPG

第13,14セクションは、フラットなところに

大岩がいっぱいのコース。

一つ一つの岩は、2m以上もあるのもある。

きっかけもほとんどないので、難しいが

危険度は少ない。テクニックが必要。

比較的グリップがあるので、うまくグリップを

させることが重要。

しかし、岩しかありません。

DSC05262.JPG

最後の第15セクションは、とにかくダイナミック。

巨大な壁が待ってます。

この巨大な壁を乗り切るには、飛ぶしかありません。

今回の大会は、天気にも恵まれ、グリップいいので

上位選手に有利だったと思う。

それにしても、毎年テクニックが向上して

私がやっていた頃とは、全然違う。

一昔前は、ステアケースの前には、きっかけ石が必要だったが、

今は、そんなモノは無くて、上がれて当然って感じ。

マシンの4スト化も進んで、グリップもパワーも2ストと

ほとんど、遜色ない。

マイナーなスポーツだが、とてもやばくて面白い。

また、やりたくなった・・・・。

レース | comments (1654) | trackbacks (0)

山中湖マラソン、結果発表!!

山中湖マラソンの結果が送られてきた。

601位/3387人中

去年より、200番くらい上がっている。

400番まで、あともう一歩だ。

d21tmp01.bmp

1時間9分19秒は、記録更新。

次は、スイカマラソン(10km)で45分切りをやりたい。

以上〜!!
レース | comments (893) | trackbacks (166)

熱い、山中湖マラソン

毎年恒例の山中湖マラソンに行って来ました。

天気は最高、富士山も最高にきれい

DSC05168.JPG

参加者も1万人以上。

ものすごい人、人、人です。

みんなやる気満々。

今年は、ハイレベルの戦いになるのか。

作戦は、心拍数を160以上に保ち、

1時間10分を切ること。

1km、5分ペース。

去年は、1時間12分程度。

記録更新をねらって走りだす。

コースは、知り尽くしているので問題なし。

途中の7kmあたりから始まる登りが勝負。

ここで、スピードを落とさないように走った。

かなり、熱くて参ったが、各エイドで水分補給を十分行い

心拍数も160以上をキープして走り

無事に完走を果たす。

時間は、1時間9分30秒。

やったね、記録更新。

DSC05173.JPG

お約束の「豚汁」を平らげる

DSC05177.JPG

帰りに、地元で有名なパスタ店「ベルデ」に入る。

お店の雰囲気は、良い感じのログハウス風。

国道139号線から、ちょっと入ったところ。

ここで一番人気の「真夜中のスパ」を注文。

これは、うまいっすょ。お勧め!!です。

GRP_0014.JPG
- | comments (358) | trackbacks (0)

チャレンジ富士100km

4月29日、朝5:00スタート。

ほとんど寝ていない。

これからスタート。

朝の気温は、5度くらい。

寒いです。

これから100kmも走るのかと思うと

気が重くなるが、自分自身がどうなるか

興味がある。

100km部は、富士五湖の山中湖、河口湖、西湖、精進湖を

回ってくるコース。

体がどんな感じで変化していくか、

最後まで走り切れるのか・・不安。

100kmの部は約800人程度の参加。

スタート地点は、お祭りモード。



スタートは、のんびり、さあどんなことが待っているのでしょう?



今日の富士山は、どこからも最高です。

山中湖から見た富士山。

まだ、このころは良いペースで走っていた。

PA0_0008.JPG

西湖の50km地点

50kmをすぎると、完全に足が止まってしまった。

もうすでに、足が上がらない状態。

DSC04975.JPG

50kmをすぎると、完全にペースダウン。

1時間に7km程度しか走れない。

やはり未知の領域には、魔物がいるようだ。

これから、あと50kmも走るのかと思うと

うんざりしてきた。

こんなペースで走ってます。



90km地点、もう完全に走る気力がない。

タイムリミットまで、時間がないよ。

DSC04985.JPG

そう、タイムリミットがあるんです。

100kmの場合14時間で走らなければならない。

ゴールすると、完走メダルがもらえるはず。

最後は、苦しかった。

ちょっと走っては、歩き、ちょっと走っては、歩きの連続。

足も動かない、痛い、と弱事をはいて見る。

各エイドステーションでは、

しっかり、励まされ、また走り出す感じ。

最後は、やけくそで走り出す。

ゴールの瞬間。



13時間50分で、ギリギリのゴール!!

完走のメダルをもらう。やった!!

DSC05036.JPG

「有森裕子」風に、頑張った自分を誉めますか?

1人だけの表彰。

DSC05042.JPG

この大会は、最後で陸上競技場を2週するのだが、最後の1人まで、

大歓声で迎えてくれて、とても暖かい感じがした。

でも、2度と100kmはいやだ〜!!
レース | comments (1816) | trackbacks (0)

うちの仲間

うちの仲間が増えた。

一番下の娘のペットです。

名前は、私は、「ゴンの介」と呼んでいる。

娘は、違った名前で呼んでいる。

ペット | comments (941) | trackbacks (0)

第23回全日本トライアスロン宮古島大会速報

塩野絵美さん、惜しくも2位でゴール。2連覇ならず。

途中まで、トップと並走していて、

ラスト3kmで、3位のレイチェル・ロスに抜かれ

3位に後退。

ラスト1kmで2位今泉を抜き、2位へ浮上

あと、30秒差で2位

インタビューでとても悔しがっていた。

でも、頑張った。

見事です。

レース面白かった。

泳いで、走って、200km。その差がたったの30秒。

う〜ん、すごい世界。
レース | comments (974) | trackbacks (0)

第23回全日本トライアスロン宮古島大会

4月22日(日)第23回全日本トライアスロン宮古島大会があります。

アクラブ所属のアスリートたちが、たくさんでます。

当日は、朝7時からライブ映像がインターネットで配信されます。

熱い、トライアスリートの走りを是非ご覧ください。

塩野絵美選手は、大会2連覇なるか?

ガンバレ!!

飯田君、井上君、頑張れ、ファイト一発!!

ライブ配信はここから
イベント | comments (1575) | trackbacks (0)

今宵は、Jazz

youtubeを見ていたら

「John Coltrane Quintet with Eric Dolphy - Impressions」

を発見。

ジョンコルトレーンは、1967年7月16日没。

今から40年ほど前に無くなっている。

アルトサックスでは、チャーリ・パーカ

テナーサックスでは、コルトレーンと言われるほど

まさしく、巨匠の中の巨匠。今の音楽界に多大な影響を与えていることは

たしかです。いくつかのバンドを転々とした後に

1955年にマイルス・デイヴィスのグループに入った。

この当時はマイルスからも下手だといわれるほどにかなり評価が低かった。

しかし次第に才能が開花し、2年後の1957年にはシーツ・オブ・サウンズと

呼ばれるスタイルを確立して、後のジャズ界に影響を与えた。

演奏は、とにかくスリリング。聞いていて飽きない

すばらし演奏。

Jazzの真骨頂である、インプロビゼーション。

音と音の間を遊ぶ感覚は、気持ちがいい。

エルビン・ジョーンズのドラムもすばらしい。

私の一番好きな、サックス奏者のエリック・ドルフィーも

負けてはいません。すばらしいの一言。

私は、彼の音楽を聴いて、学生時代サックスを習っていたほど。

独特の、スケール、音階の並びが新鮮。

たぶん、このころ(1960年初)の演奏が一番いいっすね。

何も考えず、聞いていると、頭の中が真っ白になり

どこかへ、行ってしまいそう。

音楽 | comments (373) | trackbacks (0)

かとうあすか

なんか、いいっすね。

今週の「輪月映美のE-museum 〜エミュージアム」の

ゲストが「かとうあすか

4月25日発売の1stアルバム「Sunday Morning」の紹介

増崎孝司(from DIMENSION)がサポートしているらしく

声質は、さらっとしていてしつこくなく、休みの日の午後に聞くには

ちょうどいい。当然、演奏は、すばらしい。

全編カバー曲、それも、1970〜80年代のヒット曲ばっか。

全く、はまってしまた。

ジャニス・イアン、キャロル・キング、ギルバート・オサリバン・・・

しびれる〜!!ってか。

一曲目の「It's Too Late」は、キャロル・キングの名曲だが

サンデーソングブックの山下達郎風にいうと

1970年代に入ってからはシンガー・ソングライターとしての活動を

本格的に開始。

1971年に発売された彼女のセカンド・ソロ・アルバム『つづれおり』

(Tapestry)は、グラミー賞4部門制覇、全米アルバムチャートで

15週連続1位、その後も302週連続でトップ100にとどまる

ロングセラーとなる。

現在もなお多くの人々に愛され、世界中で延べ2200万枚を超える

驚異的なヒットを記録している歴史的名盤である。

その中の1曲であるシングル「イッツ・トゥ・レイト」は

1971年6月19日から5週連続全米No.1を獲得している

(シングル年間チャートでは第3位)。

久々にキャロル・キング、聞きたくなった。

さすがに、モノホンはすごい貫禄、圧巻!!



ジャニス・イアンの「At Seventeen 」も聞き逃せませんぞ〜!

それにしても、ぞっとするほど、きれいな曲です。



音楽 | comments (1248) | trackbacks (1)

くりらじポッドキャスト FMうらやす

サイクリングタイム



CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER