不良中年オヤジのアスリート日記

亀より遅いが、うさぎに負けない体を作ろう!!

<< January 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第23回全日本トライアスロン宮古島大会

4月22日(日)第23回全日本トライアスロン宮古島大会があります。

アクラブ所属のアスリートたちが、たくさんでます。

当日は、朝7時からライブ映像がインターネットで配信されます。

熱い、トライアスリートの走りを是非ご覧ください。

塩野絵美選手は、大会2連覇なるか?

ガンバレ!!

飯田君、井上君、頑張れ、ファイト一発!!

ライブ配信はここから
イベント | comments (1575) | trackbacks (0)

湘南バイシクル・フェス '07

今日は、朝の練習をこなしてから、

平塚競輪場で行われる「湘南バイシクル・フェス '07」に行って来ました。

普段乗れない、高価ばバイクを

普段は走ることができない競輪場のコースで試乗することが出来ます。

会場へ行ってみると、そんなに混んでいなく

次から次へと試乗ができます。

早速、クラインの「Q-EliteV」を試乗する。

コンポは、シマノ105を装備、中級クラスのカーボン製のバイク。

なんか、普通に走る。ズブの素人なので、何がいいのかさっぱりわからず。

初めて使う、インデックス付きのシフトレバーは、カッチと決まって

すこぶる、便利。でもあっと言うまに試乗終了。

PA0_0002.JPG

コースまでは、歩いて移動。試乗は一回につき一周出来るのだが

あっという間で、驚くやら、びっくりしているうちに

終わってしまった。一周じゃ物足りない。

つぎは、TREKのアルミモデル「1500」

中級クラスのバイク。コンポは、Shimano Ultegra。

カーボンとの違いは全然わからず。

全体的な、バランスがいいので大変良く走ります。

PA0_0004.JPG

次は、すごいよ。

インターマックスの「X-LIGTH」

超軽い、フルカーボン製の50万円を超えるバイク。

持った感じも、どのバイクより断然軽い。

走った感じも、剛性感が高く、こいだ分だけスーと間に出る感じは

さすが、カーボンの特徴なのかと感心してしまう。

そして、バイクを借りるとき、横には「今中大介」選手が・・・

PA0_0006.JPG

次は、スコットの「CR1 SL」

このバイクもフルカーボン製の50万円超えバイク。

コンポもShimano Dura-Ace

もう何もいうことはありません。

ただただ、バイクに感心、感心。

とにかく、楽々です。

バイクが軽いことと、フレームの剛性感が高いと

ほんと、楽です。軽いんです。

PA0_0007.JPG

次は、cervéloの「R3 Team」

当然、フルカーボン製で、フレームセットだけで、40万円もするバイク

ツールド・フランスでもその実力は折り紙つき。

もう、開いた口がふさがらず。

このまま何処までも走って行けます。

PA0_0008.JPG

次のバイクは、町中で絶対に見ることが出来ないバイク。

アルミのモノコックボディで、リアのアームがなく

とても、派手なバイク。

飛行機の翼をヒントに、1.2mmのアルミ板を加工して

中は、中空構造。なんと、アメリカ人に日本語で説明してもらった。

いざ、走りだしてみると、なんか後輪のバランスが悪い。

調整が必要のようです。が、とてもカッコイイ。

PA0_0010.JPG

次は、レーシングモデル。

CEEPOの「TT-KILLER」

フルカーボン、リアディスクのスーパーカモデルです。

値段は不明ですが、たぶん100万以上かもしれません。

走り出して、すぐに感じる後輪のものすごい剛性感。

踏めば、踏んだだけ、きっちり進む感じは、

まさに、スーパーカですね。

風さえ無ければ、普段の足に使えそう。

ものすごく、楽ですが、ものすごく目立ちすぎ。

PA0_0011.JPG

次は、MBKの「RD1000」

フロントフォーク・リアフォークの形状が面白い。

デザイン的なものか、実際に効果があるのか私には

わからなかった。

プロトライアスロンチームも採用しているバイクで

乗った感じは、普通に良く走る。

バランスが良い感じがした。

フレームセットで、37万円ほどするので

完成車は、60万を超えるのではないかと思う。

時代は、まさにカーボンですね。

それにしても、黄色いバイクはカッコいいですね。

私は、デザイン的に一番気に入ってしまいました。

PA0_0014.JPG

次は、日本製のコガミヤタのレーシングモデル。

気分は、まさにロードレーサ感覚。

良いです、良いんです。何も言うことありません。

PA0_0017.JPG

最後は、TREKの最高級バイク「Madone SSL9.6」

TREK社の完成車で一番高いバイク。90万円なり。

値段は高いが、外見は結構地味。

ランス・アームストロング御用達のOCLVカーボンを使っているらしい。

猫に小判。違いなんて、全然わからない。

でも、とてもものすごいバイクらしい。

とにかく、踏めば走ります。

単純なコメントだが、奥が深いよ。

PA0_0019.JPG

その他、マウンテンバイク、小形ホイールのバイクなど

色々乗った。ただただ楽しみました。

こんなイベントは是非ともまたやってもらいたい。
イベント | comments (2291) | trackbacks (8)

くりらじポッドキャスト FMうらやす

サイクリングタイム



CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER